数字を英語

タイトル 数字を英語で言おう(1)英語で話しているときに数字を言おうとして言葉に詰まったり、話し手に英語で数字を言われて聞き取れなかったなんてことはありませんか?英語で数字を言ったり、聞き取ることは意外と難しいものです。<基数(0, 1, 2, 3など)>・324 (three hundred twenty-hour、three hundred and twenty-hour)・6203 (six thousand two handed and three)thousandやhandredなどの単位は複数形のsをつけません。

<序数(1st、2nd、3rd など物の順序を表す数)>1st (first)2nd (second)33rd (thirty-third)<倍数>2倍 (twice)3倍 (three times)45倍 (forty-five times)<足し算>・2+7=9 (two plus seven is nine) ・3+5=8 (three plus five is eight)is代わりにequalsを使う場合もあります。

「2+7=9」、「8-3=5」を英語で言ってくださいと言われてすぐにいえますか?ここで英語での計算式の基本的な表現を覚えて英語力アップしましょう。

<引き算>8-3=5 (eight minus three is five)6-3=3 (six minus three is three)is代わりにequalsを使う場合もあります。


日本語は英語とは反対

<掛け算>・6×4=24 (six times four is twenty-four)・7×2=21 (seven times is twenty-one) is代わりにequalsを使う場合もあります。<分数>・3/5 (three-fifths)・1/3 (one-third、a third)分数は英語の場合、分子→分母の順で読みます。「3/5」、「6×4=24」 「6÷3=2」を英語で言ってくださいと言われてすぐにいえますか?ここで英語での計算式の基本的な表現を覚えて英語力アップしましょう。

・6/5 (six over five)・34/167 (thirty-four over one hundred and sixty-seven)分子が分母より大きい数の場合や、分母が大きくて序数で言いにくい場合は分母を基数で読み、分子と分母の間にoverを入れます。そして分子が複数の場合、分母に複数形のsをつけます。

日本語は英語とは反対に分母→分子の順で読むので間違えないようにしましょう。また、分子は基数(one、two、threeなど)で読み、分母は序数(third、fourth、fifthなど)で読みます。

英語で話しているときに掛け算や割り算、分数などを言おうとして言葉に詰まったり、話し手に英語で数字を言われて聞き取れなかったなんてことはありませんか?英語で数字を言ったり、聞き取ることは意外と難しいものです。<割り算>・6÷3=2 (six divided by three is two)・8÷2=4 (eight divided by four is four)is代わりにequalsを使う場合もあります。


翻訳者になりたい

英語を勉強している人の中には、英語力をアップさせていつか翻訳者になりたいと思っている人もいるでしょう。また翻訳コースはビジネス翻訳、出版翻訳、メディカル翻訳、映像翻訳、特許翻訳などさまざなものがあります。また翻訳という仕事は地道な作業が多いので、忍耐強くきちんと仕事をこなせる人に向いている仕事と言えるでしょう。

英語力がある人は翻訳会社のトライアルに挑戦したり、会社で翻訳を扱う部署で仕事をする方法も有効ですが、これから英語力をアップさせていこうと考えている人はまずは翻訳学校で勉強をする方法がいいのではないでしょうか。翻訳学校に興味がある人は、各学校のサイトや実際のレッスンをチェックしてみるといいでしょう。

翻訳学校には通学タイプ、通信タイプがあります。翻訳者になるにはどうしたらいいのか?翻訳者になる方法には、翻訳学校に通って翻訳の勉強をして翻訳者になる方法、翻訳会社のトライアルに挑戦して翻訳者になる方法、勤めている会社で翻訳を扱う部署で翻訳者になる方法などがあります。

翻訳学校を探すにはスペースアルクの翻訳学校サイト「翻訳スクールサーチ」、アルクが出版している「翻訳事典」などを活用すると良いでしょう。翻訳者になるには英語力さえあれば大丈夫と思っている人もいますが、翻訳には英語力だけなく日本語力も必要となります。


通訳学校

通訳学校もある程度のレベルになると会議通訳、ビジネス通訳、放送通訳、企業内通訳、ガイド通訳などそれぞれ専門のコースに分かれての勉強となります。通訳は英検なら1級、TOEICならスコア900以上の英語力が必要とされる世界であるため、通訳学校に行けば必ず通訳者になれるわけではありません。通訳者になるにはどうしたらいいのか?通訳者には技術が必要なため、英語力があるからといってすぐに通訳者になれるわけではありません。

通訳者になるためには強い意志を持つこと、そして英語力アップのための努力をすることが必要となります。通訳者になるには、通訳学校に通って通訳の勉強をしてなるのが一般的です。通訳者になるには高い英語力が必要となります。

自分が進みたい分野を見つけ、進んで行くと良いでしょう。 通訳の仕事には会議通訳、ビジネス通訳、放送通訳、企業内通訳、ガイド通訳などさまざまなものがあります。翻訳学校には通学タイプ、通信タイプがあります。

通訳学校の関連サイトには専門学校・専修学校・各種学校の学校情報検索サイト「プロブロ」、資格取得・スクール・通信教育情報サイト「Brush Up 学び」などさまざまなものがあるので、興味がある人はチェックしてみるといいでしょう。英語を勉強している人の中には、英語力をアップさせていつか通訳者になりたいと思っている人もいるでしょう。


DSなどのゲーム機

パソコンを使ったもの、DSなどのゲーム機を使ってもの、インターネットを使ったものなども多く見られるようになりました。英語学習教材も色々な種類のものが販売されていますがゲーム感覚で勉強できるものもたくさんあります。英語学習をこれから選ぶという人は口コミや体験談などを参考にしながら選ぶと、スムーズに英語学習を選ぶことが出来るかもしれません。

英語の学習方法は色々とありますが、人気なのが楽しみながら英語学習をするというタイプです。最近の日本の英語学習のスタートの時期はとても弱年齢化しているのが特徴で、早い子供の場合になると0歳児の時から英語学習をスタートさせていたり、中には胎教に英語学習を始めているという人もいるといわれています。そのため、英語学習教材も、ipodで英語学習が出来るものや、携帯で英語学習が出来るものなど、いろいろなものが出てきました。

英語の学習は色々な方法があると思います。従来の英語の学習方法といえば、単語を覚えて文法を覚えるという筆記式の学習方法が多かったのに比べて、最近の英語の学習方法はスタイルが少し変わってきて、どちらかというとリスニング中心の英語学習が多いのではないでしょうか。

英語学習といっても、問題集と参考書を見ながらがっちりと勉強するというよりも、ゲーム等をしながら楽しく行うのが今は人気です。もちろん英語学習で英会話スクールへ通うという学習方法を取り入れている人も多いと思います。


英語の翻訳

英語の翻訳をする場合には辞書を使っ て今まではやっていることが多かったと思うのですが、最近は辞書を使わ なくても、簡単に英語の翻訳ができるようになりました。使う際の注意点 としては、英語翻訳をサイトやフリーソフトを使った場合には直訳になる ことがあり意訳ではないので意味が少しおかしくなることもありま す。英語の翻訳を普段日常生活の中で使うということ が少ないという人も多いかもしれませんが、中には英語の翻訳をし なければいけない場面に遭遇している人もいるかもしれません。 そのような方はフリーソフトなどでは追いつかないので、特別な辞書などを 買う必要があります。

辞書をつかって一つ一つ翻訳するという方法もいいですが、もっと手軽に英語の翻訳をしたいという人は、英語翻訳サイトやフリーソフトを使うことをお勧めします。たとえば日本語から英語への翻訳もできますし、英語から日本語への翻訳もできますから、わからない単語があれば入力して翻訳ボタンを押すだけで手軽に誰でも英語の翻訳が出来るのです。

英語翻訳サイトを使えば、自分が翻訳したいと思った言葉を手軽に翻訳することが出来ます。私も海外に住む友人から手紙が来たときにわからない単語があれば入力して英語翻訳サイトを利用しています。

英語の翻訳を無料で手軽に行うたいという人にお勧めなのが、英語翻訳サイトです。 英語翻訳サイトを利用する以外の方法としては、英語翻訳のフリーソフトの配布など もインターネット上では行われていますから、フリーサイトをダウンロードする ことで手軽に英語翻訳が可能になります。ただデタラメな訳になってしまうことも 多々ありますので、大手のエキサイトやグーグル翻訳を使うとよいです。 日→英のポイントは日本語の主語を省略せず、正しい日本語で書くことです。





英語辞書ランキング

英語辞書ランキングなどもありますから、今選ばれている英語辞書が何かを調べて、必ず中身を確かめてから選ぶようにするといいのではないでしょうか。 英語辞書は英語を勉強する際には、必ず必要ですから、自分が使いやすいと思った英語辞書を選ぶようにするといいですね。英語の勉強をスタートさせる際に、英語の辞書は必需品といってもいいのではないでしょうか。

サイト以外にも英語辞書のフリーソフトもありますから、便利です。英語辞書を買うのが面倒だという人はインターネット上で無料で英語辞書サイトがありますから、そちらを利用すると手軽に自分が調べたいときにだけパソコンで辞書を利用することが出来ます。英語辞書を選ぶ際には、自分で手にとって実際に書店などで確かめてから英語辞書を探してみるといいかもしれません。

挿絵を取り入れながらの英語辞書の場合には、小学生くらいから使えますし、逆に、ビジネス英語などの単語にも対応していて、とっさの会話の一口メモのようなものが記載されている英語辞書の場合には、社会人になってから選ぶと便利です。英語の辞書は英語翻訳にも利用できますし、最近の辞書の中には発音の仕方も記載されているものなどもありますから、ただ単に翻訳、意味を調べるというだけでなく発音も勉強することが出来ます。

英語の辞書を選ぶ際に注意したいことは、販売されているメーカーによって英語の辞書の内容は違っていますし、見た目もか なり違っています。英語の辞書がなければ、英語学習は少し難しいかもしれませんね。 ですので、自分のレベルに合ったもの、また自分が使いやすいと思ったものを実際に店舗で確認してからまず、辞書を 選ぶことが英語学習の第一歩になることもあるのです。



相互リンク